植民地を統治する為宗主国は膨大な投資をするが、それは大抵なかった事にされる
826540



不都合な事実

沖縄人は絶えず「米軍に支配されている」と言い自衛隊こと日本軍にも「占領されている」と言うが彼らが胡麻化している事のひとつに投資がある

軍隊を経済的に見るとかなりの大企業で、米軍は100兆円、中国軍は25兆円、日本軍は5兆円のお金を毎年使っている

5兆円は47都道府県や発注先や自衛官や軍属、納入企業、職員にばらまかれ米軍事予算の一部や日本政府のトモダチ料は沖縄や横須賀や横田にばらまかれている

スポンサー リンク

今ウクライナではロシア軍が侵攻しているがロシア軍はウクライナで毎月1兆円以上を「投資」しています

ロシアが投資してもウクライナは破壊されているだけなのだが、ウクライナにはアメリカを始めとした各国から6月までに11兆円の支援が行われた

ウクライナには半年間で両陣営から20兆円程度が”投資”されたとみられ、今後もかなりの額が投資や支援されるでしょう


それでウクライナ市民の生活は向上しなかったがウクライナは突如として東欧でも有数の「軍事大国」になりました

ウクライナ軍の規模は不明だが公称20万人、実際の正規軍は10万人程度と思われるが人口4000万人の国としてはかなりの規模です

この戦争はウクライナが勝つと予想しますが戦勝国になったウクライナは「ロシアを倒した国」という勲章を手に入れます


この勲章を持つ国は日本だけだったが、ウクライナは国際社会から一目置かれるようになり、復興資金もかなり集まるでしょう

このように戦争には負の面だけではなく投資という効果があり、侵略されたり植民地になった場合も相手国からなんらかの投資を受けます

”ローマは廃墟を作っては文明と名付けた”と誰かが言っていましたが、ローマに征服された国はローマ遺跡が観光名所になっています


スポンサー リンク


植民地になる事で豊かになった国

ローマに征服された国は破壊と建設が同時に行われ、ローマ式の建築や商売や制度が押し付けられ、結果として一段階文明が進みました

極端な例は香港で1841年から1997年までイギリスの植民地だったが、そのお蔭て大陸中国より豊かになり香港人は自由を甘受した

中国に返還された香港は自由がなくなり中国の支配に組み込まれ、衰退しているのはご存じの通りです


欧米列強は大航海時代にアフリカやアジアや米大陸を植民地にしたが、奪うだけではなくかなりの投資もしていました

アフリカ諸国やインドは「奪われただけだ」と主張しているが、現実の世界では奪うだけで必要な投資をしなければ金儲けをできません

イギリスがインドに投資したのはインド人を支配して利益を得るためだったが、それが無ければインドは今も未開なままだったかも知れない


日本は朝鮮半島を35年間支配したが、その間日本政府は半島に人や金や物を送るだけで、利益を得た事は一度も無かった

インフラを整備し教育を整え国の制度を作っていたらずっと赤字で、その間半島の人口は増え続けて豊かになりました

イギリスの香港統治と同じ事が半島でも起き、日本に支配された半島は中国大陸よりずっと豊かになりました


オーストラリアやニュージーランドはイギリスに酷い統治をされたが、その投資の結果今は両国とも豊かになっています

もしイギリスがオーストラリアにやって来なかったら、先住民は今も生きていたでしょうが経済的な発展はしなかったでしょう

このように戦争や植民地には正と負の両面があります