世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

中国

中国で早くも始まった人口減の悪影響、人口増加政策への転換は進まず

中国の生産年齢人口は2014年から減少したが政府はなんの対策もしなかった
67238_ext_15_3
画像引用:https://www.nli-research.co.jp/report/detail/id=67238?pno=2&site=nli 中国における人口問題-高齢化対策を「国家戦略」に格上げ _ニッセイ基礎研究所



政府の人口政策は「手遅れになってから」始まる

中国で高齢化が進み若者が減少し労働者不足が起こるので、自動化や外国人労働者を増やす必要があると言われていたのは15年前の2008年頃でした

2008年は北京五輪が開催されGDPで日本を抜いた(と発表した)記念すべき年で、今考えると中国の絶頂期でした

2008年は前年に発生した米国金融危機が世界に拡大したが、中国は50兆円の国内経済投資をし「中国が世界を救った」と称賛された

続きを読む


武漢市封鎖から3年。なにも無かったように振舞う中国

行方不明の武漢ユーチューバー達
彼らは中国初のジャーナリストを目指し武漢の実態を配信していた
ao5m1-i4e7q



武漢の悪夢

2020年1月23日は習近平の指示で武漢市が封鎖された日で、この前日頃に中国は初めて新型ウイルスの存在を認めて都市封鎖を実施した

どうやらこれは習近平が手柄をアピールする作戦だったようで、2011年福島原発事故の菅直人総理と同じようなパターンでした

菅直人と枝野幸男ら民主党幹部は地震直後に自衛隊の出動を禁止し、福島原発へのあらゆる事故防止策を妨害し原発建屋を爆発させた

続きを読む

中国韓国の7放世代、資産バブル膨張で夢を捨てる

資産バブルで豊かになった国は異常なほど住みにくい国に
ダウンロード
画像引用:https://www.reuters.com/article/us-china-economy-henan-property-insight-idUSKCN1SR02J



韓国の7放世代

7放世代は韓国の諦め世代の事で、「恋愛」「結婚」「出産」「マイホーム」「人間関係」「夢」「就職」を諦めた若者を差している

7放だったのは2016年頃の話でその後10放から全てを諦めるN放世代に進化したが、不思議な事に「日本を越えた」と自慢した時期に増えた

この種明かしは韓国のGDP増加の大半が資産膨張で成し遂げられたからで、資産とは分かりやすく言えば地価とマンション価格でした

続きを読む

米中半導体競争はメモリーからパワー半導体へ移行

中国は国産自動車などにパワー半導体を搭載できる
804844





米中が半導体で覇権争い

半導体の上位国や企業と言えばサムスン電子と韓国、台湾のTSMC、あるいは世界トップのインテルなど米企業が連想される

だがそれらは記憶装置メモリーとしての半導体で、メモリーはコストが最重視され、通常性能や品質は二の次となっています

パソコンのCPUなどに使われるロジック半導体ではメンバーがガラリと入れ替わりアメリカ企業が世界シェアの多くを占め、韓国のシェアは3%に低下する

続きを読む

22年中国が85万人人口減、減少幅拡大を予想

女性の非婚と晩婚化でさらに出生数は減少します
824869




ついに人口減を認めた中国

数年前から人口問題専門家に予告されていた事でしたが2022年の中国総人口はマイナス85万人の14億1175万人になりました

中国の人口は2030年代には減少が予想されていたが10年以上早く到来し、中国の将来像に影響を与えるとみられている

中国の大戦後経済成長は日本より30年遅く始まったが人口減は14年後(日本の人口減は2008年)とかなり早かった

続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ