世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

企業・不祥事

ソニーのEV参入、過去を紐解くとEVの未来が見える

VISION-S 02、まだ記者が試乗するほどの完成度ではない
P11906050000-768x513
画像引用:https://www.webcartop.jp/2020/02/489443/ ソニーの電気自動車「ヴィジョンS」は何がすごい? 発売日は決まっているのか _ 自動車情報・ニュース WEB CARTOP



ソニーの電撃作戦

ソニーは2022年1月6日、電撃作戦のように突如新会社設立を宣言し、EV事業参入を発表した。

「ソニーモビリティ株式会社」に従来のaibo、ドローン、ヤマハと共同開発したイベントカーなどが移管される。

今の時点では「EVの事業化に向けての検討」と言っただけで、実はEVを発売するとも開発するとも言っていない。

続きを読む


中国ファーウェイはどうなった? 制裁逃れも不発で売り上げ3割減

新製品をだしてるが、以前ほど売れていない
01_l

画像引用:https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1376787.html ファーウェイ、縦折りフォルダブルスマホ「Huawei P50 Pocket」発表 - ケータイ Watch



中国の成長はターニングポイントを迎えている

ファーウェイの副社長がカナダで逮捕されたのは2018年12月、当時はトランプ大統領でコロナはまだ発生していませんでした。

果てしなく遠い過去のような気がしますが3年前、この3年で世界の状況は激変しファーウェイは主役ではなくなった。

2018年のファーウェイはスマホで過去最高の売り上げを記録し、サムスンを抜いて世界一になるのは確実と見られていました。

続きを読む

日本家電はエアコンで復活する? 日本式エアコンが世界標準に

770146




エアコンのテスラ、ダイキン

2010年台の統計ではエアコンの世界シェア上位は中国メーカーが独占し、まさに中国の時代でした。

だが2018年の売り上げ1位はダイキン工業、4位に米キャリア、5位も米ヨーク、6位も米トレインだった。

最新(2020年)の世界ランキングは1位ダイキン、2位以下は中国勢、7位三菱、8位パナソニックとなっている。

続きを読む

トヨタは時代の変化に対応できるか? 巨大企業のジレンマ

馬車に乗っていた人はすぐ自動車の時代になるとは思わなかったでしょう
541871





イノベーションのジレンマとトヨタの憂鬱

イノベーション(革新)のジレンマとは既に市場を支配している巨大企業が、小さな新興企業に敗れる過程を差しています。

典型的な例として、巨大企業は優れた製品を持っていて、一見ゆるぎないかのように見えている。

ある日学生とか小企業が「くだらない」アイディアでおもちゃのような商品やサービスを始める。

続きを読む

日産が日本初の新車ネット販売、むしろ遅すぎた

ネットで買いたいと言う人は一定数いるでしょうね
22223116




自動車のネット販売は今後流行るか?

日産は21年10月末にネットで新車を購入できるサービスを始めると発表しました。

最初は新型EVのアリアだけだが、今後徐々に対象車種を拡大していく予定です。

日本メーカーのネット販売はこれが初めてで、外国ではテスラやBMWが既に行っている。

続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ