世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

海外事情

中国政府、人口減少を隠しきれず言い訳を始める

中国研究者によると実際はもっと減っているという
8

画像引用:https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20210706/se1/00m/020/021000c 中国 本当の危機:中国の出生数がわずか4年で600万人減、加速する少子化=高口康太 _ 週刊エコノミスト Online



中国の出生数が減少した原因とは

中国の国家衛生健康委員会人口家庭司の楊金瑞副司長は新年の記者会見を出生数減少の説明から行った。

彼によると近年の中国の出生数減少は、複数の要素が絡み合った結果だった。

第一の原因は出産適齢期の女性人口の減少で、2020年までの5年間で20歳から34歳の女性の人口が340万人減少した。

続きを読む


独裁国家の信頼度が民主国家を上回った理由

”新興国”は要するに経済成長した独裁国家の事です
1145174





アジアには民主国家がほとんどない

20世紀の世界では民主国家が絶対的に正義であり、豊かさでも自由でも独裁国家を圧倒していました。

世界は民主主義陣営と共産主義(独裁主義)陣営に別れ、アメリカとソ連が冷戦を戦った。

常に豊かだったのはアメリカであり、ソ連の人民は常に貧困で飢えており、寒さに震えていました。

続きを読む

24年大統領選でトランプ再当選の可能性あり

24年大統領選にトランプが出馬する可能性は高い
20200127-usa1-02-716x403

画像引用:https://www3.nhk.or.jp/news/special/news_seminar/jiji/jiji29/ 1からわかる!トランプ再選は?(1)“再選確率60%!_”|NHK就活応援ニュースゼミ



中間選挙は共和党が勝利予想

2022年11月8日に米中間選挙があり、上院の3分の1(34議席)と下院の全議席(435議席)が改選される。

ここでの勝敗で議会勢力が決まり、民主党が過半数割れするとバイデン大統領は少数与党になる。

2020年の大統領・議会選挙の結果、アメリカの上院下院ともにバイデン大統領の民主党が多数になっている。

続きを読む

中国が数十年来の不況に突入、実質失業率は10%以上

大学は出たものの就職できずフードデリバリーする若者が多い
22444635





中国の失業率は10%から20%に達している

中国の不況と言ってもピンと来ないが、おそらく1980年台以降初めての不況になりつつある。

失業率は公式発表では5%なのだが、これには低く見せかけるカラクリが仕掛けてある。

中国の人口はおおまかに都市戸籍4億人、農村戸籍6億人、農民工3億人と言われていて、都市戸籍は増加している。

続きを読む

韓国はバブル経済をどう終息するか、空前の地価上昇

ソウルのマンション群、地価上昇で一つ一つがGDPになった
23120907_s (1)





空前の地価上昇がGDPを底上げした

韓国政府は1人当たりGDPで3万ドルを超え、数年で4万ドルの日本を超えると宣言して見せた。

実は日本、イギリス、フランスの1人当たりGDPはほぼ同じで、ドイツは少し多い4万5000ドルとなっている。

つまり1人当たりGDPで日本を超えるのは、英仏を超えドイツと同等になると言っている事になる。

続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ