世界のニュース トトメス5世

安保・外交・経済・歴史・日本中心

国内ニュース・政治

安倍首相は統一教会の支援を得るために、歴史問題で日本を売った

安倍首相は統一教会からの命令で岸田外相に、強制連行を認めるよう指示した疑いがある(2015年ソウル)
ar12e-1p177
画像引用:https://news.yahoo.co.jp/byline/furuyatsunehira/20151231-00053005 「慰安婦日韓合意」で保守派激怒の理由と背景(古谷経衡) - 個人 - Yahoo!ニュース



安倍首相は韓国諜報部の工作員だった

亡くなった橋本龍太郎首相にはあるスキャンダルがあり、週刊誌やゴシップ新聞で頻繁に糾弾記事が掲載されていました。

それは中国人女性との不倫交際で、しかもその女性は中国政府が”あてがった”女性で、橋本首相はこのスキャンダルで中国政府に首根っこを掴まれていたというものです。

橋本龍太郎は保守系議員という触れ込みで対米強硬論を主張し「米国債を売りたい」と発言しアメリカからバッシングされたりした。

続きを読む


選挙前に愛国心を表明する政治家に気を付けろ

選挙前だけ愛国者、選挙が終わると売国者?
9
画像引用:https://mainichi.jp/articles/20200307/k00/00m/040/037000c ネット右翼も離反_ 「この国を、守り抜く。」安倍首相に向けられた批判 _ 毎日新聞




選挙の時だけ愛国者、選挙が終わると売国者

数か月前あのホリエモンがネットテレビで「愛国心やネット右翼は儲かる」だから右寄りになった方が得だと語っていたが、正にそのような理由で「愛国者」に成りすます人が大勢居ます。

安倍首相と統一教会の関係が明るみになっているが、安倍氏が所属していた旧森派の清和会会長、細田博之も統一教会の協力者だった。

細田氏は2019年に統一教会イベントに出席し、「安倍総理に早速報告します」と安倍首相の代理であることを何度もアピールしていた。

この様子は統一教会hPの動画で公開されていたようですが、安倍氏がなくなってから削除されました。

続きを読む

安倍元首相は祖父の岸総理から統一教会を支援していた

安倍首相はなぜ韓国に便宜をはかり日本を貶めたのか?
000333071
画像引用:https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/na/kr/page3_002368.html 安倍総理大臣の韓国訪問|外務省



愛国総理は韓国のカルト団体に日本を売っていた

安倍元首相がおそわれてなくなってから犯人一家と元首相の関係が世界的に報道され、多くのメディアが安倍首相と統一教会の関係を指摘している。

犯人の母親が統一教会に洗脳され信者になり、数千万円を家族に無断で寄付し、一家は破産状態になったというものです。

これらは事実だと考えられるが、統一教会と安倍首相自身が深い関係にあり、日本の警察が発表した「犯人の思い込み」ではないと指摘されている。

続きを読む

安倍氏襲撃で明るみに出た政治と宗教

カルト教団は犯罪に手を染めるので、政治と接近したがる(1990年(平成2年)衆院選に立候補したオウム
政治家にとってカルトは献金してくれる上客
acdf8a17
画像引用:http://blog.livedoor.jp/chinsandx/archives/52193857.html オウム真理教の想い出 _ ランラン日記王



安倍首相は統一教会の擁護者だった

日本では政治と宗教の関係が報道される事は少なく、マスコミは宗教に関しては報道しない権利を行使する事が多い。

マスコミ自身が宗教に汚染されているのと、宗教も広告スポンサーであり、批判しても恨みを買うばかりでメリットがないからです。

マスコミは同様の理由で日本や日本人にはいくらでも罵詈雑言を吐くが、韓国や中国に関しては「報道しない権利」を行使します。

続きを読む

岸田政権は防衛費倍増も改憲をも反故にする

小泉首相は愛国心をアピール右翼を利用したが、当選したら防衛費縮小した
ECfwu8TUIAELKZj
画像引用:https://twitter.com/comsyskansai/status/1164164143122808832



政治家は公約を守らない

欧米の誰かが言った言葉が耳に残っているのが「政治家が公約を守ると思っている人が居るのが信じられない」というものでした。

日本でも欧米でもアジアでもアフリカでも政治家は約束を守らないもので、約束を守る政治家は当選できません。

政治家は次々に夢を振りまいて人々を幻想に酔わせ、悪く言えば騙して利用した政治家が勝者になります。

続きを読む
記事検索
削除依頼、プライバシーポリシー
『プライバシーポリシー』のページを設けました
転載は許可していませんが引用は可能です
削除依頼は『プライバシーポリシー』コメント欄に書き込んでください。
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ